助産院用に2部屋を確保。<br>北欧スタイルの二世帯住宅

Youtube

Instagram

LINEで相談

  • TOP
  • お客様の声
  • 助産院用に2部屋を確保。
    北欧スタイルの二世帯住宅
  • 「家がカフェみたいな雰囲気。居心地が良くて、外でお茶しようと思わなくなりました」

    家の売却から土地探し、家づくりまで全てお願いしたIさん。「地域に密着されている夢広さんは、不動産と家づくりの両方に強いだけに土地探しは安心でした。この土地も売却に出た好タイミングで決まりました」
    希望は助産院を兼ねた二世帯住宅。助産院用に2部屋、プライベートルームも5部屋必要なだけに、水回りやLDKは共有する「完全同居型二世帯住宅」を選択した。玄関は家族も助産院も共有し、玄関近くの階段を上がった2階に助産院用の診察室+宿泊室を配置することで、玄関から助産院までのダイレクト動線を確保した。「当初は1階を予定していたのですが、水回りや両親の部屋は1階にしたかったので、このカタチに。うまく設計していただきました」

    家族が集まるLDKは、ベージュを基調にした北欧スタイル。通り抜けできるパントリーやくるりと回遊できるペニンシュラタイプのキッチンは、大人数が動く大家族にピッタリだ。ちょっと腰をかけることができる小上がりの畳スペースもとても便利で、フロートタイプの収納の下に配置した小窓は建築家の提案で抜け感をプラスした。「家がカフェみたいな雰囲気で外でお茶しようと思わなくなりました。とても居心地がよく、休みの日は家族全員LDKに集まってワイワイしています。高気密・高断熱の住まいなので冬はあったかくて過ごしやすいのもいいですね」。

  • 奥は真っ白なガルバリウム、手前はグレーの塗り壁で仕上げた外観。「建築家の先生は病院なら重厚感のある塗り壁がオススメ、私はガルバリウムが好み。それをミックスしたのがこの外観。重厚感もあり親しみのある感じに仕上がったと思います」

    助産院用に2部屋を確保。<br>北欧スタイルの二世帯住宅

  • グラフテクトのキッチン、ベージュがかわいい。キッチンはペニンシュラタイプで回遊動線を確保。キッチン左側は通り抜けできるパントリーになっている

    助産院用に2部屋を確保。<br>北欧スタイルの二世帯住宅

  • ベージュに黒のアイアンの手すりがアクセントになったキッチン。ナチュラルな北欧スタイルのこちらのおうちにピッタリです。収納もたっぷり仕様で、常にキレイが保てるため急な来客も安心してお迎え出来ますね。

    助産院用に2部屋を確保。<br>北欧スタイルの二世帯住宅

  • 左奥は洗面台、脱衣所とつながり洗濯動線に配慮している。「オークはカジュアルすぎるので、無垢床は個性的なアカシア材にしました」板張り風の下がり天井は「夜、落ち着きます」と好評です。

    助産院用に2部屋を確保。<br>北欧スタイルの二世帯住宅

  • キッチン収納はパイン材でベージュのキッチンとコーディネート。「当初はグラフテクトの食器棚の予定でしたがサイズが合わなくて。でも、この収納でよかったです」

    助産院用に2部屋を確保。<br>北欧スタイルの二世帯住宅

  • 木のぬくもりが好きなIさんのLDKは北欧スタイルでコーディネート。小上がりの畳スペースは赤ちゃんを寝かしたり、腰をかけたりと多目的に使えて大家族に好評だ。床下収納もたっぷりで季節物が収まる。フロート収納の下の小窓は建築家の提案。「この小窓で抜け感が生まれました。子ども達は収納下を隠れ家にして遊んでいます(笑)」フロートタイプのテレビ台もIさんのリクエスト。

    助産院用に2部屋を確保。<br>北欧スタイルの二世帯住宅

  • 2階助産院の診察室と宿泊室。引戸で間仕切れるようプライベート空間もしっかりとれる安心仕様になっている。奥の宿泊室はミニキッチン付き。

    助産院用に2部屋を確保。<br>北欧スタイルの二世帯住宅

  • 助産院の宿泊室にはシャワールームも完備。「1階を予定していた助産院ですが、妊婦さんも運動が必要なので2階でよかったと思います」

    助産院用に2部屋を確保。<br>北欧スタイルの二世帯住宅

  • 最近マストになってきているニッチ棚。I様こだわりの家型のカタチがかわいい

    助産院用に2部屋を確保。<br>北欧スタイルの二世帯住宅

  • 2階の洗面台。名古屋モザイクのタイルはIさんチョイス。シンプルながらも水はねなどのお掃除もサッとふくだけで目立ちにくい。鏡の後ろには収納もできるのでとても使い勝手が良い。

    助産院用に2部屋を確保。<br>北欧スタイルの二世帯住宅

  • 子ども部屋は将来、間仕切れるように設計している。お子様の成長に合わせてお部屋も変化していくお家づくりは、注文住宅ならではのこだわりと自由さです。

    助産院用に2部屋を確保。<br>北欧スタイルの二世帯住宅

  • ピンクのくすみカラーが素敵な両親の部屋は書斎やWIC付き。かわいい照明はご自身で選んだとか。

    助産院用に2部屋を確保。<br>北欧スタイルの二世帯住宅

  • 夫婦の部屋にもデスクや本棚を造作し、書斎スペースに。趣味の時間をこちらで過ごしたり、ワークスペースとして使用したり使い方は様々です。

    助産院用に2部屋を確保。<br>北欧スタイルの二世帯住宅

  • 1階洗面は廊下に設置することで、誰かがお風呂を使っていても気兼ねなく手洗いできる。収納力のあるミラーボックスや女性陣が選んだ名古屋モザイクのタイルがかわいい

    助産院用に2部屋を確保。<br>北欧スタイルの二世帯住宅

  • ボタニカル柄がアクセントになった浴室。

    助産院用に2部屋を確保。<br>北欧スタイルの二世帯住宅

  • スリット階段は真っ白なアイアンの手すりが印象的。玄関すぐのこちらの階段は、こだわりのウェルカムボードでお客様をお出迎えしてくれます。圧迫感の無い階段なので広々見えて開放的です。

    助産院用に2部屋を確保。<br>北欧スタイルの二世帯住宅

  • 助産院を兼ねた玄関は大勢の人の靴が置けるよう、L字型の上り框に。大きなシューズクロゼットも完備で玄関がスッキリします。

    助産院用に2部屋を確保。<br>北欧スタイルの二世帯住宅

  • 玄関まわりは板張りが印象的。「完成見学会にも参加し、先輩の実例やモデルハウスを参考にさせていただきました」

    助産院用に2部屋を確保。<br>北欧スタイルの二世帯住宅

  • 玄関へのアプローチ。玄関ドアは見えないよう配慮している。「担当は最初にお電話いただいた村上さん。とても話しやすくしっかりヒアリングしていただけたおかげで、素敵な家が完成しました。」

    助産院用に2部屋を確保。<br>北欧スタイルの二世帯住宅

トップに戻る