堺市・南大阪エリアを中心にリノベーション・リフォーム工事も行います。

Youtube

Instagram

LINEで相談

リノベーション・リフォームYumehiro

  • TOP
  • リノベーション・リフォーム

注文住宅のプロである
株式会社夢広は
リノベーションや
リフォームも得意です

堺市で注文住宅を建築している株式会社夢広では、お持ちの家のリノベーションやリフォームも行っています。「新しい家に憧れはあるけど今の家を活用したい…」という方は、ぜひリノベーションやリフォームもご検討ください。

しかし、一口でリノベーション・リフォームといっても何から始めるべきかわからない方も多いのではないでしょうか。失敗しない施工を行うために、リノベーションやリフォームに関する基礎知識を知っておきましょう。

リノベーションと
リフォームの違い

リノベーションとリフォームの違い

そもそもリノベーションとリフォームには、以下のような違いがあります。

  • リノベーション:家の価値を高めるために行う施工
  • リフォーム:家の状態を元に戻すために行う施工

たとえば家にバリアフリー設備を使用する施工はリノベーション、古いキッチンを同等の新しいものに変える施工がリフォームです。リノベーションを行うと家の付加価値は高まり、リフォームを行うと家の付加価値はその家の新築程度となります。

リノベーションとリフォームは、それぞれ家全体を施工するか部分的に施工するかの2つの種類から選ぶことができます。間取りを大幅に変更したい場合は家全体のリノベーションを、浴室だけバリアフリー設備を追加したい場合は浴室のみのリノベーションを、キッチンのみ新しい壁紙に変えたい場合はキッチンのみのリフォームを行いましょう。

リノベーションで実現できること

リノベーションを行うことで、以下の3つを実現できます。

間取りの変更

間取りの変更

間取りの変更は、リノベーションの代表的な施工内容の一つです。間取り変更をすることで、不要な部屋をつぶして別の部屋を大きくしたり、間取り全体を大きく変えて今までとは全く異なる間取りにしたりすることができます。

間取り変更は壁を取り壊す作業が必須のため、大規模な施工になりがちです。今までの家とは全く異なるアレンジができるため、家族の人数が変わって部屋を増減したい方や、高齢で二階に上がるのが億劫になり平屋にしたい方などに特におすすめです。

快適なマイホームの実現

快適なマイホームの実現

今の家に住みづらさを感じた方は、リノベーションを行うことで快適なマイホームにできます。段差を無くしバリアフリー設備を追加したり、フローリングに床暖房を設置したりする施工もリノベーションの一種です。生活スタイルや家族構成の変化に合わせて、家全体または一部にさまざまなリフォームを行うことができます。

快適なマイホームにするには、リノベーションだけでなくリフォームもおすすめです。たとえば窓のサッシをペアガラスや複層ガラスにすることで、窓の断熱化が叶います。上記のリノベーションに合わせて、これらのリフォームが行われることもあります。

地震対策

地震対策

日本は地震大国であるため、耐震に関して不安を抱いている方も多いのではないでしょうか。築年数が古い家は現行の建築基準法における耐震基準がそもそも低い時に建てられているため、家の構造を強化する耐震工事を行うことで安心して暮らすことができます。

築年数や家の構造によっては、今の家を解体して新しい家を建てるよりもリノベーションによる耐震工事の方が費用を抑えられます。「家は気に入っているけど耐震性だけが心配…」という方も、リノベーションを行うことで現状の家を残したまま耐震性を高めることが可能です。

リノベーション・
リフォームの施工内容

リノベーション・リフォームの施工内容

リノベーションやリフォームの施工内容は、人によってさまざまです。たとえば一階の洋室をすべて無くして大きなリビングルームにしたり、古い和風の部屋を今風の洋室の部屋に変えたりすることもできます。

間取りや設備を大きく変えずとも、壁紙や床材などを変えるリフォームを行うことで家の雰囲気を大きく変えることも可能です。マイホームをどのように変更したいかを考えて、リノベーションかリフォームどちらが適しているかを検討しましょう。

リノベーション・
リフォームの費用相場

マイホームをリノベーション・リフォームする場合、家全体を施工するか部分的に施工するかによって費用相場は異なります。部分的なリノベーション・リフォームの場合、費用相場は以下の通りです。ただし、仕様や設備の性能にこだわると相場以上の金額がかかるので注意しましょう。
※おおよその目安ですので、金額は変動する可能性があります

洋式トイレへの変更 20〜50万円
最新キッチンへの変更 50〜150万円
浴室全面リフォーム 50〜150万円
洗面室全面リフォーム 25万円~150万円
床の張り替え 10万円〜/6畳
壁紙の貼り替え 6万円/6畳
天井補修 3万円〜/6畳
照明器具の付け替え 0.5万円〜/1箇所
ドアの付け替え 6万円〜/1箇所
外壁塗装 80〜150万円
耐震工事 120〜300万円

家全体をリノベーションする場合は、30〜100万円/一坪ほどが費用相場です。マイホームの築年数が古い場合は、リノベーション費用が1,500万円以上かかることもあります。そのような場合はリノベーションと家の建替えの費用を比較するのも良いかもしれません、私ども工務店やプロの建築家のアドバイスを仰ぎましょう。

リノベーションを行う際の注意点

リノベーションを行う際は、以下の4つのポイントに注意しましょう。

リノベーションの
優先順位をつける

リノベーションの優先順位をつける

いざリノベーションをしようとすると、あれもこれもとあらゆることを直したいという方が多いでしょう。しかし、家全体すべてをリノベーションするには莫大な費用がかかってしまいます。

費用に限りがある場合は、リノベーションの優先順位をつけることが大切です。見た目や使い勝手にとらわれがちですが、断熱性や耐震性などの機能性の優先度を高くすることで安心して暮らせるマイホームが叶います。

家の状態をプロに確認してもらう

家の状態をプロに確認してもらう

リノベーションのすべての施工が、思い通りにできるとは限りません。家の構造や築年数によってはできることが限られる場合もあるので、まずはプロの建築家に現状の家の状態を確認してもらいましょう。

構造や築年数によっては、リノベーションよりも建て替えが適しているかもしれません。家全体のリノベーションを考えている場合も部分的なリノベーションで理想を叶えられることもあるので、リノベーションを検討している段階でまずはプロに相談するのがおすすめです。

複数の業者に見積もりを依頼する

複数の業者に見積もりを依頼する

リノベーションの費用は、施工内容だけでなく施工業者によっても大きく異なります。業者によっては相場よりも高額な費用を請求される可能性もあるため、リノベーションの見積もりは複数の業者に依頼することがおすすめです。

複数の業者に依頼することで、現状の家の状態のリノベーション相場を知ることもできます。見積もりを依頼する際は、レスポンスの速さや丁寧さも併せて確認しましょう。

施工中の住む場所を考えておく

施工中の住む場所を考えておく

多くのリノベーションは壁を取り壊す施工を採用しているため、リノベーションの間はほかの場所に住まなければいけません。リノベーション決定後に仮住まいの家を探していては、工事に間に合わないケースも考えられます。リノベーションを依頼する際は、前もって施行中の住む場所を考えておきましょう。

仮住まいについて考えることは、予算を立てる際にも大切です。リノベーション中の仮住まいには家賃や初期費用、引っ越し費用などがかかるため、仮住まいについて考えておかないと予想外の費用負担がかかってしまいます。

マイホームのリノベーション・リフォームをご検討している方は、「いつか住んでみたい」をカタチにする家づくりのプロである株式会社夢広にお任せください。注文住宅の建築はもちろん、家の現状に合わせたリノベーションやリフォームも得意としています。少しでも興味がある方は、以下のフォームからお気軽にお問い合わせください。


トップに戻る