UA値とC値で判断する住宅の性能!断熱と気密の真実を解明!

Youtube

Instagram

LINEで相談

  • UA値とC値で判断する住宅の性能!断熱と気密の真実を解明!

    住宅を選ぶ際、見た目の美しさだけでなく、住宅の性能が生活の質を大きく左右します。
    特に「UA値」と「C値」という2つの指標は、家の快適性やエネルギー効率に大きく影響します。
    今回の記事では、これらの値がどのように住宅選びに役立つのかを詳しく解説し、高断熱・高気密住宅のメリットについても深掘りしていきます。

    住宅性能の基本!「UA値」と「C値」とは?

    住宅性能を評価するためには、「UA値」と「C値」が不可欠です。
    これらは住宅がどれだけエネルギー効率が高いか、また、快適な室内環境をどれだけ保てるかを示す重要な指標です。

    「C値」とは何か?

    C値は床面積1㎡あたりの隙間面積を数値化したものです。
    この値が低いほど建物の気密性が高く、冷暖房機などで作った空気が建物から逃げにくくなり、冷暖房費を抑えられます。

    「UA値」の役割

    UA値は「外皮平均熱貫流率」と呼ばれ、外壁や屋根、窓などの部材を通じてどれだけ熱が逃げやすいかを示します。
    数値が低いほど断熱性が高く、エネルギー効率の良い住宅といえます。
    UA値は2013年の建築物省エネ法の改正から、より広く用いられるようになりました。

    住宅選びで考慮すべきポイント

    高断熱・高気密な住宅を選ぶことは、年間を通じて快適な室温を保つために非常に重要です。
    これにより、ヒートショックの防止や冷暖房費の削減など、生活の質を向上させられます。

  • UA値・C値を高める断熱・気密施工の技術

    高断熱・高気密住宅を実現するための技術には、さまざまなものがありますが、特に断熱材の選定と気密施工が重要です。

    1:断熱材の選び方と施工技術

    断熱性能を高めるためには、高性能な断熱材を選び、適切な厚みで施工することが必要です。
    また、断熱材の種類によっても性能が異なるため、その家の環境に最適な材料を選ぶことが大切です。

    2:気密性を高める施工方法

    家全体の隙間をなくすためには、気密シートの適切な施工と、テープやウレタンフォームを使った隙間の充填が欠かせません。
    これにより、外気の侵入を防ぎ、室内の空気をクリーンに保つことができます。
    また、気密性能を高めた住宅には、適切な換気計画が必須となります。
    当社では機械式換気の第一種換気を用いています。

    3:工務店の選び方

    UA値やC値にこだわる工務店を選ぶことで、高い施工品質が期待できます。
    断熱性や気密性に配慮した工法を採用している工務店は、そのノウハウを活かして高性能な住宅を提供します。

  • UA値とC値で判断する住宅の性能!断熱と気密の真実を解明!

    まとめ

    UA値とC値は住宅のエネルギー効率と快適性を測定する上で欠かせない指標です。
    これらの値が高い住宅を選ぶことは、長期的に見てエネルギーコストの削減や生活の質の向上に直結します。
    断熱材の選定や気密施工の技術を理解し、それを基準に住宅を選ぶことが、賢い住まい選びの第一歩といえるでしょう。

    当社の住宅は、高い気密性と断熱性を備えています。
    お客様の快適さを追求し、高品質な住まいを提供いたします。

トップに戻る