• BELSとZEHの違いを解明!省エネ性能で選ぶ家の未来

    エネルギー効率の高い住宅を選ぶ際、どのようにして信頼できる情報や具体的な評価基準を得られるのでしょうか。
    今回は、特にBELSとZEHという2つの評価制度を取り上げ、それぞれの制度がどのように異なり、どのようなメリットがあるのかを詳しく解説します。
    これにより、住宅選びにおける意思決定をサポートし、エネルギー効率の良い住まいを選ぶ際の指針となることを目指します。

    BELSの基本と取得メリット

    BELS(Building-Housing Energy-efficiency Labeling System)は、建物のエネルギー効率を評価し、認証する制度です。
    ここでは、BELSの基本と、この制度を利用することのメリットを掘り下げてみましょう。

    1:視覚的な評価でわかりやすい

    BELSは建物の省エネ性能を星の数で表示し、これにより消費者が一目で性能を理解できます。
    例えば、星5つの建物は最高の省エネ性能を示し、消費者にとって選択の手がかりとなります。

    2:信頼性の高い第三者評価

    BELSの評価は第三者機関によって行われるため、その信頼性は非常に高いです。
    これにより、メーカーや建築会社の独自の主張に左右されず、客観的な基準に基づいた判断が可能となります。

    3:ランニングコストの節約

    BELSで高評価を受けた建物は、高い省エネ性能を持っているため、長期にわたってエネルギーコストの節約が期待できます。
    これは家計に優しく、また持続可能な住まいづくりを支援します。

    4:補助金申請の活用

    BELSを取得している建物は、ZEHのような省エネ住宅向けの補助金申請にも有利です。
    これにより、初期投資を抑えつつ省エネ住宅への移行を計画できます。

    5:売却時の価値保持

    エネルギー効率の高い住宅は、将来的にも市場価値を維持しやすく売却時に有利になる、大きなメリットがあります。
    これは、資産としての価値を長期間保つための重要な要素です。

     

  • ZEHとBELSの違いとは?

    ZEH(Zero Energy House)とBELSは、ともに住宅のエネルギー効率を高めることを目的としていますが、その適用範囲や評価基準には大きな違いがあります。

    1:適用範囲の違い

    ZEHは主に新築住宅に適用されるのに対し、BELSは新築だけでなく既存の住宅や非住宅にも適用可能です。
    これにより、より広範囲の建物に対するエネルギー効率の改善が期待できます。

    2:再生可能エネルギーの利用

    ZEHの最大の特徴は、再生可能エネルギーを活用して実質的なエネルギー収支をゼロにすることです。
    これは、環境への負荷を最小限に抑えるだけでなく、将来のエネルギー価格変動に対するリスクを減少させます。

    3:エネルギー収支をゼロに

    エネルギーの収支をゼロにすることで、ZEHはエネルギー自立を目指します。
    これにより、エネルギー供給の不安定さが問題となる今日において、家庭が直面するリスクを大幅に軽減できます。

    4:補助金制度の利用

    ZEHを建てる際には、国や自治体の補助金制度を利用可能です。
    これにより、環境に優しい住宅を建築するための初期コストを抑えられるため、より多くの家庭が省エネ住宅を手に入れる機会が増えます。

  • BELSとZEHの違いを解明!省エネ性能で選ぶ家の未来

    まとめ

    この記事では、「BELS」と「ZEH」これら2つの住宅評価制度を詳しく比較しました。
    BELSは、視覚的に分かりやすく信頼性の高い評価を提供することで、省エネ性能の高い建物が適切に評価されるよう支援します。
    一方、ZEHはエネルギー収支をゼロにすることを目指し、環境への負荷を減らすと同時に、エネルギーの自立を促進します。

    どちらの制度も、持続可能な社会への移行に貢献する重要な役割を担っています。
    エネルギー効率の高い住宅を選ぶ際には、これらのポイントを考慮に入れることが、賢明な選択へとつながるでしょう。

    高い気密・断熱性能とデザイン性を兼ね備えた当社の建築家住宅は、他社にはない魅力があります。
    お客様のニーズに合わせたスタイリッシュな住まいを手に入れませんか。

トップに戻る